(フランス)初海外マラソンに、パリマラソンを選んだ結果・・・

初海外マラソンはパリマラソン!

仕事を辞めて4月2日から世界一周の旅に出発している。記念すべき1か国目にフランスを選んだ理由は4月14日にパリマラソンが開催されるからだ。凱旋門をバックにシャンゼリゼ通りがスタート地点、、ワクワクが止まらないっ! そんな初フランスにして初海外マラソンに参加した軌跡と、実際に走ってみて感じた日本国内のマラソン大会との違いを振り返っていきたい。

 

パリマラソン参加には健康証明書が必要

東京マラソンなどの大きな大会は開催日前にナンバーゼッケンを受け取りに行く。パリマラソンも同様に4月11日12日13日の3日間がナンバー交付期間だ。1点気を付けておきたいのが、事前に健康証明書の提出が必要という事だ。提出用のフォーマットは公式HPからPDFでダウンロードが可能、私は勤めていた会社の健康診断時に相談し用意出来た。
3月末に「WEBでの提出は4月3日までに済ませて下さい!」 とメールが来て思わずビックリ、記入済みのデータを公式HPに提出する必要があったのだ。(原本を携帯で撮影した画像で承認された…) 原本も当日提出するので忘れずに持っていく。そうして、私はナンバーゼッケンを手に入れた! 名前入り! JPN入り! 日本代表になった気分だ! テンション上がる~

Photo by dragon

JPNと書かれたゼッケンと参加賞のザックをGET!

 

EXPOは大盛況、参加グッズのクオリティが高い

イベントブースを進むと、壁で必死に何かを探す人達が… なんと参加者全員の名前が書かれていた! 私の名前もありました、よかった~
他にも給水ポイントの練習が出来るブースがあったり(中身は入っていません)、 企業ブースには多くメーカーが出店していて、足の形から最適な中敷や靴下を見つける事が出来る(?)ブースも。大会前のお祭りムードを満喫し、明日は頑張るぞ!

Photo by dragon

自分の名前も発見!

 


Photo by dragon

お祭りムード満点のエキスポ会場!

 

オシャレな町、多くの歓声、飽きないコース

天気は快晴、前日までの風邪もなんとか回復していた。手荷物を預けるためにゴール地点へ向かう、パリマラソンはスタート地点とゴール地点が近いのもポイントだ。ウォームアップをしていざスタート地点へ! フェスのような爆音で音楽が流れスタート前からお祭り状態、このスタート前の雰囲気は日本でも毎回好きだ。気合いを入れ直し、いざスタート!

バスティーユ広場を過ぎ本格的な街中へ入る。所々石畳の道になっており、地味に疲れる… 路駐の車、歩道を走るランナー、横切る地元住民… 「こ、これが海外マラソンか!」 甘くみていた! 改めて日本のマラソン大会は良くコースが整備されていると思わされた。
そんなギャップに戸惑いながらも集中し、なんと20キロ後半までは自己新を狙える平均4分40秒ペース! 3時間30分のペースランナー? も追い抜きサブ3.5圏内を維持していた。

Photo by dragon

自己新ペースでパリの街を快走!

 

まさかのトンネル、そして見えるエッフェル塔

コース後半、大通りに戻るとトンネルが出現! 結構長いトンネルで中は凄く暗かった。アップダウンも続き、30キロに入ってから太ももに限界が…。 一気に6~7分ペースまで落ちてしまった。トンネルを抜けるとセーヌ川越しのエッフェル塔が見えてきますが、景色を楽しむ余裕が無く写真を撮るので精一杯。。ヘトヘトになりながらも最後の力を振り絞り、ゴール!!

結果、タイムは3時間51分42秒でした。
中盤までは良かったものの、後半にガクッと落ちてしまった。原因は明らかに筋力不足、30キロ以上を走るトレーニングをしていなかったからだと思われるが、自主練での30キロオーバーはモチベーションの維持が難しい…

Photo by dragon

セーヌ川越しのエッフェル塔が美しい

 

フィニッシュ後のケイタリングコーナー

ゴールをしたら果物がズラッと並んだケータリングコーナーです。リンゴ、バナナ、オレンジ、ドライフルーツなどが食べ放題。オレンジが美味しすぎて手が止まりませんでした。笑
その後は完走メダルと記念Tシャツ! これが欲しかったー! メダルの裏は凱旋門です、フランスっぽい!

Photo by dragon

ズラッと並んだフルーツが疲れた身体に染み渡る!

 

Photo by dragon

ゴールしてメダルとフィニッシャーTシャツを手に

 

パリマラソンの雰囲気

・街中の至る所でブラスバンドやDJ、バンド演奏がありました。
・コースは観光名所、市街地、郊外の森林公園とバリエーション豊かで飽きません。
・個人的に印象に残るのが、街中の声援です。まるでツール・ド・フランスの様な近過ぎる応援は勿論、特にゴール前の声援の熱気は凄かったです。allez(アレ)!allez(アレ)!頑張れー! と応援してくれました。

このようなパリの雰囲気を存分に楽しめる、パリマラソン。ランナーのために開放された街を観光がてら走って駆け抜けられるのはランナーならではの楽しみ方かもしれません。

Photo by dragon

無事にゴール!パリの街中を駆け抜けられるなんて最高です!!

 

 

パリマラソン(Marathon de Paris)の基本情報

■大会開催日

毎年4月上旬開催

■気温・気候

日本の春と同じような気温。近年気温が高い傾向があるそうなので要確認!

■エントリー方法

大会ホームページからエントリー可能。
https://www.schneiderelectricparismarathon.com/fr

千葉県出身、ユニクロ店員を経て映画の宣伝マンになる。東京マラソン当選をキッカケにマラソンをはじめる。趣味は一人旅、空と海のダイビング。20194月から世界一周の旅に出発している。Instagram:dragon_kun01

About ドラゴンくん 3 Articles
千葉県出身、ユニクロ店員を経て映画の宣伝マンになる。東京マラソン当選をキッカケにマラソンをはじめる。趣味は一人旅、空と海のダイビング。20194月から世界一周の旅に出発している。Instagram:dragon_kun01