(ペルー)史上最強に変わったマラソン大会 in パカスマヨ

ここが変!?おもしろい!?世界のマラソン!海外のマラソン!

そんな変なところが海外マラソンの楽しさであり、魅力であると思いますが、実は大会にエントリーする時、既に「絶対この大会おかしいわ・・(良い意味で)」と思っていました。

そしていざ、走ってみると・・・、予想を超えておかしかったです!!

場所は、ペルーの首都であるリマから、バスで10時間ほど北にある「パカスマヨ」と言う街。サーファーの街で風が強く、歩いても街を一周するのは30分くらい。そんな小さな小さな街で開かれている大会をご紹介します。

Photo by Shinya

 

給水が袋

コップを節安するためなのか、給水の水が袋の中に!・・・こんな給水、見たことがない!

一番最初の給水で、袋を持った少年を見た時、思わず笑ってしまいました。笑

でも、途中であることに気づいたのです。コップの場合、そこで飲んでコップを捨てていくため、こんな暑い大会だと給水と給水の間に、とても喉が乾くんです。でも袋に入っているので、ポケットにインできちゃう!一つはその場で飲んで、もう一つはポケットにいれて走ってました。

Photo by Shinya

袋にいれると、スポーツドリンクがとても奇妙な飲み物に見えます

 

気になるコースは・・・

パカスマヨマラソンのコース説明をさせていただこうと思いました・・・が、コースと言うよりも、この大会にはコースらしいコースがありません・・・。半分くらいはコンクリートの上を走るので、道通り走ればいいのですが、残り半分は、砂浜というか、砂利というか、なんというか。一体ここはどこ?木星にでも来た気分。もっというと、道が合っているのかどうかも、定かではありませんが、とりあえずランナーは前に進むの一択!

Photo by Shinya

 

距離マークが雑

40km通過!!!!残り2km!!!

と思っていたら、すぐにゴールがありました。

これ、海外あるあるらしいです。

過去に、ケニアのハーフマラソン走った時、24kmでした。

Photo by Shinya

 

フルマラソンの参加人数は!?

ハーフマラソンや10kmマラソンを合わせると、300人ほどのランナー。

しかし、フルマラソン参加者はなんと28人でした!

前も後ろも誰もいない上、給水も少なく、応援もいない・・・、それなのになぜか、数少ないスタッフさんと住民の応援の方々には、とても温かみを感じました。

Photo by Shinya

たまにポツリとコース上に少年が座っています。「コース合ってるよ」の目印。

Photo by Shinya

 

メダルや給水所などは手作り感が満載で、小さい大会独特の楽しさがあり、これも異国でしか味わえないマラソン大会の楽しさだったなと、今思えば感じられます。走り終わった直後は、衝撃すぎてしばらく呆然となりましたが。是非ペルーに行かれた際にはチャレンジしてみてください!

衝撃で顔が真っ赤になった千葉慎也氏

 

パカスマヨマラソンの基本情報

■大会開催日

毎年7月

■気温・気候

初夏のような気温ですが、風が強いため、体力はより奪われます。

■エントリー方法

大会ホームページよりエントリーが可能です

費用は約1000円(破格!2016年の場合)となっております。

http://maratoninternacionaldepacasmayo.com/

「ラン(マラソン)で結ぶ」をコンセプトに、主に海外マラソンの情報と魅力を中心に発信しています。スタッフ全員が、マラソン(特に海外マラソン)が大好きで、たくさんの人に海外マラソンの楽しさを広めたいと思っています!

About らん結び編集部 39 Articles
「ラン(マラソン)で結ぶ」をコンセプトに、主に海外マラソンの情報と魅力を中心に発信しています。スタッフ全員が、マラソン(特に海外マラソン)が大好きで、たくさんの人に海外マラソンの楽しさを広めたいと思っています!